福井市の「空き家リフォーム補助金30万円」を申請するのに必要なものは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

みなさんこんにちは、リフォーム知識ゼロのなかともです。

補助金を申請したいけれど、なんの書類を用意すればいいか分からなくて困っていませんか?そんな悩みを解消するため、「福井市空き家リフォーム支援事業補助金」(前回記事参照)を申請するのに必要な書類は何なのか、実際に福井市役所に問い合わせてみました!これを読めば、用意する書類に悩まなくてすみますよ。

1. 補助金情報の見つけ方

どんな補助金があるのか知りたい!と思っても、ホームページのどこに補助金の情報があるのか分かりませんよね。福井市を例に、補助金情報の場所をお教えします。

1-1. 福井市の市役所のホームページを検索する

引用元:Googleより https://www.google.co.jp/

市役所のホームページをクリックしましょう。

1-2. 「市政情報」をクリックする

引用元:福井市役所ホームページより http://www.city.fukui.lg.jp/

右上にある「市政情報」をクリックします。

1-3. 「助成・補助」をクリックする

市政情報の中の「助成・補助」をクリックします。

1-4. 「くらし」をクリックする

「市政情報」→「助成・補助」→「くらし」を選びます。

1-5. 自分の気になる補助金情報を選ぶ

補助金に関しての情報がたくさん出てきました。どんな補助金があるのか、ここから確認ができます。今回はこの「福井市空き家リフォーム支援事業」です。

1-6. 補助金情報を確認する

補助金についての内容を確認できます。

2. 申請に必要な項目を確認する

補助金の内容がどこに載っているかはわかりました。では次に、申請に必要な書類に関してはどこに載っているのでしょうか。

2-1. 申請書類をダウンロードする

補助金情報を下にスクロールしていくと、「申請について」で申請書のダウンロードができます。

引用元:引用元:福井市役所ホームページ「福井市空き家リフォーム支援事業」より http://www.city.fukui.lg.jp/sisei/hojyo/kurasi/reform_shien.html?path=C60000/C60500/C60501/P12720

ダウンロードした申請書が、下図です。

引用元:福井市空き家リフォーム支援事業補助金交付申請書より

実際に記入して見るとこうなります。

2-2. 他に必要な書類を確認する

さらに下にスクロールしていきます。「その他」の関連ファイルの一番上、「空き家リフォーム支援事業補助金交付要綱」の第7条に他に必要な書類が記載されています。

内容は以下の通りです。

引用元:福井市空き家リフォーム支援事業補助金交付要綱より http://www.city.fukui.lg.jp/sisei/hojyo/kurasi/reform_shien_d/fil/akiya_reform_hojyoyoukou.pdf

申請書以外に、6つの書類が必要なことが分かります。

3. 申請書以外に必要な書類は6つ!

申請書以外の必要書類、ちょっと言葉が難しいと感じますよね。福井市役所に問い合わせて分かった、必要書類6つを分かりやすく説明します。

3-1. 対象工事に係る見積書

まず、リフォームする工事の見積書が必要です。

引用元:住空間リフォームより http://jyukukan.net/reform_wall

見積書に書かれている金額を、申請書の「工事金額」に記入します。

引用元:福井市空き家リフォーム支援事業補助金交付申請書より

ここで気になった方もいるかもしれません。申請書に添付するようにと書いてある「内訳明細書」です。行政や県職員さんは工事内容と補助金の交付条件を照らし合わせて確認する必要があります。内訳明細書が必要になってくるのは、次のような見積書の場合です。

先程の見積書と違い、工事の内訳が分かりません。そのため、内訳明細書が必要になってきます。

引用元:有限会社ナカヤマ彩工より http://www.nakayama-saiko.com/work/work_waterproof/12098

つまり

  • 見積書に工事の内訳も書かれている →見積書のみで良い(内訳明細書はいらない)
  • 見積書だけでは工事の内訳がわからない →見積書+内訳明細書

ということになります。

3-2. 住宅の案内図

リフォーム予定の空き家の場所が分かる地図のことです。この家です!ということが分かれば、GoogleマップやYahoo!地図で調べてプリントアウトしたもので良いです。

引用元:Googleマップより https://www.google.co.jp/maps/

3-3. 補助対象空き家の所有又は賃貸借を証明する書類

引用元:税務会計情報ねっ島TabisLandより https://www.tabisland.ne.jp/

固定資産税の明細書のことです。土地の所有者が誰なのか(所有権が誰にあるのか)を確認するのが目的ですので、明細書のコピーでもかまいません。(福井市の場合、明細書は4月くらいに発送されるようです。)

もし明細書がない方は、福井市役所2階の資産税課で固定資産税の証明書を発行できます。その際、印鑑・本人確認のできる身分証明書を忘れずにお持ちください。証明書を発行する際に書く請求書で必要になります。

引用元:福井市役所ホームページより http://www.city.fukui.lg.jp/kurasi/tax/proof/kotei_zeisyo.html

どの証明書にも土地の所有者が載っているので、評価証明でも課税証明でも、どの証明にチェックを入れてもかまいません。ただ、名寄帳が一番手数料がかからずお得です(1枚につき200円)。

3-4. 個人情報の取得に関する承諾書

引用元:福井市空き家リフォーム支援事業補助金交付申請書より

今回は、申請書の中に個人情報取得に関して記入する欄があるので、特に書類は必要ありません。

3-5. 工事着工前の写真(住宅全体及び対象工事に係る部分)

リフォーム前の空き家の写真が必要です。住宅の外観(=住宅全体)と、リフォームする予定の場所(=対象工事に係る部分)の写真を用意してください。現像したもの、または下図のようにそれぞれの写真をA4にまとめてプリントアウトしたものでも大丈夫です。

写真の引用元:ホームプロより http://www.homepro.jp/jirei/K39584.html

3-6. その他市長が必要と認める書類

納税証明書のことです。これは市役所で発行してもらってください。福井市役所1階の市民課で発行できます(1枚につき300円)。この発行にも印鑑と本人確認のできる身分証明書が必要です。

引用元:福井市役所ホームページより http://www.city.fukui.lg.jp/kurasi/tax/proof/zshomei.html

税金の滞納がないかをチェックする為に提出するので、必ず「必要とする税目」の欄で「1.全項目」を選んでください「必要とする年度」の記入は、大まかな目安として、1〜6月までは前年度、7月は前年度・今年度、8〜12月は今年度です。しかし確実にその年度の証明書で大丈夫!とは福井市役所の方も言い切れないらしいので納税証明書を発行する前に住宅政策課(福井市役所5階)で確認をとると良いです

4. まとめ

事前に用意するもの 当日市役所で発行できるもの
申請書 納税証明書/300円

(固定資産税の証明書/200円〜)

持ち物:印鑑、身分証明証

工事見積書(+内訳明細書)
空き家の場所が分かる地図
家の外観、リフォーム予定の箇所の写真
(固定資産税の明細書)

事前に用意できるものは用意してから市役所に行けば、補助金を申請するのがぐっと楽になりますよ!ちなみに福井市役所の駐車場は有料ですので(30分以内であれば無料)その料金も用意しておくと良いでしょう。

知識ゼロをイチに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

リフォームの疑問・質問を徹底分析しています

当社ではリフォームの疑問・質問を徹底分析しています。

【徹底分析項目】

リフォーム価格/リフォーム見積/リフォーム補助金 ・減税

断熱建材/省エネ建材/リフォーム会社/リフォームサービス

リフォーム事例/ニュース/戸建て ・マンションリフォーム

空き家リフォーム/その他

メールでのお問合わせ

SNSでもご購読できます。