【超はやわかり!】断熱リフォームのススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
分かったワン!

みなさんこんにちは、リフォーム知識ゼロのなかともです。

冬場は気温が下がって寒いですよね。せっかくお風呂で暖まったのに脱衣所が寒くて冷えてしまったり、窓が結露して木の部分に水がしみてしまったりカビが生えたり、そんな経験ありませんか?リフォームついでにそんな気になるところもなんとかしたい!という人も多く、断熱リフォームする住宅が増えています。今回は断熱リフォームについて見ていきますよ。

1. 断熱とは熱の移動を防ぐこと

熱エネルギーの移動

断熱とは、「熱エネルギーの移動を絶つ、妨げること」です。冬は熱が室内から外に移動するので寒くなりますし、夏は逆に外の熱が室内に移動するので暑くなります。

2. 断熱リフォームは、快適に過ごせるように熱の移動を少なくすること

快適ニャー

今ある住宅に、断熱性能の高い材料を使う事で室内外の熱を移動しにくくして快適に過ごせるようにすることです。

3. 「断熱性が高い」家とは?

東京タワー

特にこの基準より上ならば断熱性が高い、というような定義はありません。ただ、なるほど!と思える記事がありましたのでご紹介します。

「閉じたいときに閉じられる家」というものです。「閉じたいとき」というのは、例えば冷暖房を必要とする寒い季節や、暑いときなど、開口部を閉じたいときという意味。そして、「閉じたいときに閉じられる家」であれば、断熱を考えていない家よりも、暖(冷)房の必要な季節に室内を暖(冷)房したときに素早く温まる(涼しくなる)でしょうし、家の中の温度差が少なく、居室だけでなく、廊下や洗面室も過ごしやすい温度になるわけです。

引用元:All about 住宅・不動産より

断熱というと、気密性が高くてずっと窓を開けないようなマイナスなイメージが少しあったのですが、そうではないという事ですね。いざ暖かく、涼しくしたいと思った時にすぐそうできるように備えている家が断熱性が高い家なんですね

3. 断熱リフォームの3つのメリット

Good

断熱改修をするのには、3つの良さがあります。

3-1. 涼しくなりやすく、暖まりやすいので過ごしやすい

体感温度

普段私たちが感じる暑い・寒いといった体感温度は、おおよそですが(表面温度+室温)÷2で計算できます。

※表面温度とは、ものの表面の温度のことです。家の中であれば、壁や窓、床、天井の平均温度がそれにあたります。
詳しくは→旭グラスファイバー株式会社を参照ください。

例えば冬場、寒ければ暖房を強めますよね。しかしたとえ室温を30℃に上げても表面温度が低いままだと…

  • 断熱性の低い家 (室温30℃+表面温度10℃)÷2=体感温度20℃
  • 断熱性の高い家 (室温30℃+表面温度18℃)÷2=体感温度24℃

体感温度に差が出ます。また、断熱性が低ければ熱エネルギーの移動もあるので暖かさが逃げていってしまいます。結果、表面温度が下がる=床も冷える事に…。10℃の床を素足で歩くのは寒そう。。その点、断熱性の高い家は表面温度も高いので、たとえ素足だったとしても過ごしやすいですね!

3-2. 健康を守ることができる

ヒートショックの予防や、結露を緩和することでアレルギー改善に効果があります。

ヒートショックとは、暖かい場所からいきなり寒い場所に移動したときの温度差で、血管が収縮し血圧や脈拍の急激な変化で心疾患や脳血管疾患がが引き起こされることです。これは家の中でも起きることです。家の中の寒暖の差を少なくする事によって、ヒートショックを引き起こすのを防ぐ事ができます。夏でしたら熱中症を防ぐこともできます。

結露の負の連鎖

引用元:旭化成建材株式会社「断熱のすすめ」より

結露は暖かい空気と冷たい空気の境界線で生まれます。この結露によってカビが発生し、そしてダニが増殖(ダニは結露が大好き!)、アレルギーの元となってしまします。結露を緩和する事は、ダニの増殖も抑えられる事となりアレルギー改善につながるのです。

3-3. 省エネ効果で光熱費の節約にもなる

夏には冷房+扇風機を何台使い、冬はストーブを使うから灯油代で出費がかさむ…。そんな悩みも断熱リフォームで解決です。断熱で外の気温の影響が少なくなることで、冷房やストーブを多用しなくてすむようになります。使用量が減れば光熱費にかける金額も少なくてすみますよね。

4. 断熱リフォームは主に5箇所

窓

4-1. 窓

熱エネルギーの移動の6〜7割は窓からです。つまり窓を変えるだけでだいぶ断熱効果が上がります。窓の工事では

  • ガラスのみの交換(普通のガラス→断熱ガラスへ 等)
  • 窓(サッシ+ガラス)全体の交換
  • 窓カバー(新しい窓枠を今あるものに被せる)
  • 内窓の追加(窓を2重にする)
  • 断熱スクリーン・カーテンの設置
  • 外部ブラインド・オーニングの設置
  • コーティング、フィルムをつける

などがあります。二重窓にする場合、断熱の他に遮音性の効果も期待できます。ただし、換気には窓を2回開ける必要があるのちょっと面倒かもしれませんね。

4-2. 天井

断熱 天井

引用元:一般社団法人 日本建材・住宅設備産業協会より

天井の改修は、夏場の日射熱の侵入を防ぎ、屋根が熱くなるのを押さえて冷房の効きをよくすることができます。冬場は暖房の熱を逃げにくくするので、暖かい状態が保てます。

4-3. 壁

断熱 壁

引用元:一般社団法人 日本建材・住宅設備産業協会より

4-4. 屋根

断熱 屋根

引用元:一般社団法人 日本建材・住宅設備産業協会より

4-5. 床

断熱 床

引用元:一般社団法人 日本建材・住宅設備産業協会より

5. エコポイントはまだ使えるの?

ポイントカード

住宅エコポイントって聞いた事ありませんか?エコポイントとは、エコを目的として行う住宅の工事をした場合に発行されるものです。いろんな商品と交換できます。しかし、実はエコポイントの発行は既に終了しています(平成27年10月21日終了)!残念。。

ただし、いろんな補助金や減税制度があります。断熱リフォームを考えている方はそちらを活用してみてください!

6. まとめ

断熱リフォームには「窓・天井・壁・屋根・床」が主な工事場所で

  • 涼しくしやすく、暖かくなりやすいので快適に過ごせる
  • 健康を守る事ができる
  • 光熱費の節約ができる

の3つのメリットがありました。断熱+バリアフリーリフォームをしている人も結構いらっしゃいます。直すついでに断熱も、と考える方が多いのですね。私も結露問題から解放されたい!

知識ゼロをイチに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

リフォームの疑問・質問を徹底分析しています

当社ではリフォームの疑問・質問を徹底分析しています。

【徹底分析項目】

リフォーム価格/リフォーム見積/リフォーム補助金 ・減税

断熱建材/省エネ建材/リフォーム会社/リフォームサービス

リフォーム事例/ニュース/戸建て ・マンションリフォーム

空き家リフォーム/その他

メールでのお問合わせ

SNSでもご購読できます。