インスペクションで中古住宅購入の不安解消!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
診断

みなさんこんにちは、リフォーム知識ゼロのなかともです。

中古住宅を買いたいけれど、住宅の傷み具合が分からなくて不安を感じていませんか?それは隠れた住宅の不具合を自分では見抜けないからです。

インスペクションを知っていれば、中古住宅の正確な状態を購入前に確かめられるので、安心できます。中古住宅市場拡大に伴い、国も法律改正に向けて動いています。

1. インスペクション=住宅診断

インスペクションとは

インスペクション、又はホームインスペクションとも言い、「住宅診断」のことを指します。専門家(建築士や住宅診断士など)が

  • 住宅の劣化状態
  • 欠陥の有無
  • メンテナンスの必要性とそれにかかる費用

をチェックしてくれるサービスです。

2. 住宅診断を行うメリット7つ

ほっ

住宅診断には、以下の7つのメリットがあります。

売り手のメリット 買い手のメリット
①(売却前、購入前)に住宅の正確な状態を知る事ができる
②売却するのに不利な箇所を事前になおすことができる ⑤欠陥住宅をつかむリスクを避けられる
③「住宅診断済み」の付加価値がつき、売却が有利になる ⑥今後住み続けて行く上で、メンテナンスの時期・場所・費用の見通しを立てることができる
④購入後の買い手側とのトラブルを防ぐことができる ⑦住宅診断の報告書を、住宅の資産価値を保つ為の「履歴書」として残すことができる

ちゃんと専門家に見てもらえるので売り手も買い手も安心です!

3. 住宅診断での調査は8箇所

インスペクション 調査

インスペクション 調査

引用元:SUUMO「住宅診断で安心は買えるのか?」より

ざっくり分けると上図のような感じですが、チェック項目はたくさんあり、しっかり住宅を見てくれます。

チェックリスト

引用元:株式会社さくら事務所より 具体的なチェック項目(一部抜粋)

4. 2時間程度の調査と5〜6万円の出費で安心が買える

時間

気になるお値段ですが、5〜6万円程度が一般的です。機材を使用して詳細に診断する場合は、10万円程かかる場合もあります。

住宅の規模や調査範囲によって前後しますが、時間は2〜3時間程を目安にしてください。

5. 住宅診断を依頼するには、自分で住宅診断士を探す

悩む

住宅診断ができるのは専門家でなければできません。住宅診断の業者を紹介してくれる不動産会社もあにはあるようですが、多くは自分で探すしかありません。

5-1. 内閣府認証NPO法人 日本ホームインスペクターズ協会

ホームインスペクターズ協会

引用元:内閣府認証NPO法人 日本ホームインスペクターズ協会より

住宅診断を頼みたい!と思ったら、まずこちらの「ホームインスペクター(住宅診断士)を検索する」で住宅診断士を探すことができます。

探し方

項目にチェックして検索すると、希望に合う住宅診断士を探してくれます。

結果

「詳細」からさらに詳しく見る事できます。持っている資格や、どんな方なのかが載っています。

住宅診断士

自分の住んでいる地域で探せるのが嬉しいですね。

5-2. 株式会社さくら事務所

さくら事務所

引用元:株式会社さくら事務所より

業界での実績が一番多いさくら事務所。「住宅診断」や「ホームインスペクション」などでインターネット検索すると上位に表示されます。こちらもホームページから、住宅診断士全員の写真・名前の他、どんな資格を持っているのか、得意分野はなにか、などの細かい情報を見る事ができます。

スタッフ紹介

スタッフ一覧

スタッフ

やはりスタッフの顔が見えると安心感がありますね。

6. 2018年(平成30年)以降は不動産会社に義務付けされる

日経新聞

引用元:2016年2月9日の日本経済新聞より 「中古住宅の診断意向確認は義務」

2025年の中古住宅市場拡大に向けて、改正宅地建物取引業法に住宅診断の活用促進法が盛り込まれます。

6-1. 不動産会社が、売り手と買い手に住宅診断をするかしないかの意向の確認をすることを義務化

意向の確認

不動産会社を通して中古住宅を売却・購入する場合、不動産会社は売り手と買い手に住宅診断をするかしないかを必ず確認しなければなりません。ちなみに料金は希望者が負担する事になります。

6-2. 不動産会社が、住宅診断の結果を売り手と買い手に説明することを義務化

説明

住宅診断をした場合、不動産会社は診断結果を売り手と買い手に説明しなければいけません。買い手側に示す重要事項説明書に「①住宅診断をしたかしていないか②結果はどうだったか」を記載することが義務づけられます。

7. まとめ

中古住宅を売却・購入に不安があれば住宅診断(インスペクション)を行う事をおすすめします。

売り手のメリット 買い手のメリット
①(売却前、購入前)に住宅の正確な状態を知る事ができる
②売却するのに不利な箇所を事前になおすことができる ⑤欠陥住宅をつかむリスクを避けられる
③「住宅診断済み」の付加価値がつき、売却が有利になる ⑥今後住み続けて行く上で、メンテナンスの時期・場所・費用の見通しを立てることができる
④購入後の買い手側とのトラブルを防ぐことができる ⑦住宅診断の報告書を、住宅の資産価値を保つ為の「履歴書」として残すことができる

費用は5〜6万円が一般的です。大体2、3時間程で調査が終わります。

お金はかかりますが、事前に調べる事で住宅の質を知り、納得して住宅を買う事ができます。住宅の品質を知っているか、知らないかでは購入後の安心感も全然違います!是非中古住宅の購入を考えている方は住宅診断、試してください。

知識ゼロをイチに!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

リフォームの疑問・質問を徹底分析しています

当社ではリフォームの疑問・質問を徹底分析しています。

【徹底分析項目】

リフォーム価格/リフォーム見積/リフォーム補助金 ・減税

断熱建材/省エネ建材/リフォーム会社/リフォームサービス

リフォーム事例/ニュース/戸建て ・マンションリフォーム

空き家リフォーム/その他

メールでのお問合わせ

SNSでもご購読できます。