知って安心!リフォーム中の職人さんとのつきあい方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
つながり

みなさんこんにちは、リフォーム知識ゼロのなかともです。

リフォームには、リフォーム会社や各種の専門工事会社や職人さんなど、多くの人が関わります。その中でも私たちが現場で一番顔を合わせることが多いのは、工事をしてくれる職人さんです。工事期間中しか関わりがないといっても気を使いますよね。お茶出しやお菓子やお礼はどうしたらいいの?など、職人さんとのつきあい方で分からない疑問を一挙解決します!

1. まずは挨拶から

あいさつ

人とのコミュニケーションはまず挨拶からです。おはようございます、こんにちは、工事初日であればよろしくお願いします、など挨拶をしましょう。

2. 職人さんの休憩時間は10時、15時が一般的

休憩

職人さんの休憩時間は10時、15時の場合が多いです。差し入れなどを持っていく場合はこの時間帯をねらってください。

3. お茶はポットに入れてセルフ形式か、人数分の缶、ペットボトル飲料を用意

ペットボトル

気になる工事期間中の職人さんへのお茶出しですが、何度も現場に足を運ぶのはとっても面倒ですよね。(特に大規模なリフォームで工期が長い場合!)また、職人さんも気を使ってしまいます。

そんなときはポットにお茶を入れてセルフで飲んでもらえるようにしましょう。それか、人数分のペットボトル飲料を用意しましょう。夏場は暑いので、クーラーボックスを活用すると良いです。逆に冬場は暖かい飲み物が喜ばれますね。

お茶以外にも、ジュースや缶コーヒー、栄養ドリンクを用意する方もいました。

4. お菓子は個別包装されているものを選ぶ

お菓子

毎日お菓子を差し入れする必要はありません。たまに飲み物と一緒に差し入れすると良いです。その場合、個別包装されているものにしてください(手を洗わなくてすむため)。甘いものとしょっぱいものを一緒に出しておくといいでしょう。

一般的にクッキーやおせんべい、キャンディー、カップゼリー、チョコレート、和菓子等を差し入れしているようです。夏場であればカップゼリーを凍らせたものでもいいですね。さすがにチョコレートは溶けるので夏場に出すのはやめてあげてください。

工事では汗をかくので、お菓子以外にも漬け物を差し入れする人もいます。

5. リフォーム工事中は必ず一人は家に在中する

留守番

工事中は基本、誰か一人は必ず家にいるようにしてください。職人さん側としても、留守にされるのは困ります。万が一泥棒に入られたときや貴重品がなくなってしまった場合、職人さんたちが疑われる可能性があるからです。

もし事前に留守にする日が決まっているのならば、知人に留守番を頼むか、工事時間・日時を指定し、家に不在の日は避けてもらいましょう。もしどうしても急に外出しなければいけなくなって留守にする場合、貴重品類は必ず自分で持っていってください。それと、職人さんに声をかけて留守にすることを伝えてください。

6. お礼の品は感謝の言葉

ありがとう

職人さんはお礼の品が目当てで工事をしてくれるわけではありません。ものをあげて喜んでもらうよりも、素直な感謝の言葉を伝えるのが一番大切です。

それでもどうしてもお礼の品が渡したい!と言う方は、人数分のタオルやみんなで分けられる個別包装された菓子折り(5,000円程度)などをお渡しすると良いでしょう。

7. まとめ

最近では、特にお茶出しやお菓子の差し入れ等をしない方もいらっしゃるようです。特にそれがだめ、というわけではないですが、リフォーム工事も人と人とのコミュニケーションから成り立っています。お互い思いやりと感謝の気持ちを持つことが大事ですね。

知識ゼロをイチに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

リフォームの疑問・質問を徹底分析しています

当社ではリフォームの疑問・質問を徹底分析しています。

【徹底分析項目】

リフォーム価格/リフォーム見積/リフォーム補助金 ・減税

断熱建材/省エネ建材/リフォーム会社/リフォームサービス

リフォーム事例/ニュース/戸建て ・マンションリフォーム

空き家リフォーム/その他

メールでのお問合わせ

SNSでもご購読できます。