迫り来る増税の波!消費税8%でリフォームできるデッドライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
チラシ

みなさんこんにちは、リフォーム知識ゼロのなかともです。

突然ですが、あなたは増税がまだ先だと思ってリフォームに余裕をかましていませんか?それは、来年(2017年)4月の増税まであと1年以上も時間があると思っているからではないでしょうか。

そこで今回は、消費税8%でリフォームできる最終的なデッドラインがいつなのかを見ていきますよ。最近ではリフォーム会社もチラシ等で増税についての告知をはじめてます!ぜひ参考にしてください。

1. 支払う消費税は「契約時期」と「引渡し時期」で変わる

タイミング

  • 契約の時期
  • (住宅の)引渡しの時期

この2つで、リフォームで支払う消費税が8%なのか10%なのかが変わってきます。

2. 契約の時期が2016年9月30日までの場合

契約時期が9月30まで

契約の時期が2016年9月30日までであれば、住宅の引渡しが4月1日以降になっても消費税は8%のままです。

3. 契約の時期が2016年10月1日以降の場合

10月1日以降の契約の場合

契約の時期が2016年10月1日以降の場合は、住宅の引渡しの時期によって支払う消費税が変わってきます。2017年の3月31日までに引渡しがあれば8%ですし、それ以降だと10%になります。

天候等の関係で工期が伸びて4月1日以降の引渡しになった場合、消費税が10%になってしまうので注意が必要です。

増税後の2017年4月1日以降に契約・引渡しの場合はもちろん消費税は10%です。

4. 9月30日までに契約しても、追加工事が発生した場合は引渡し時期によって追加工事費に10%課税される

追加工事

たとえ契約を9月30日までに結んでいたとしても、追加工事が10月1日以降に発生した場合

  • 住宅の引渡しが4月1日以降 →追加工事費にかかる消費税10%
  • 住宅の引渡しが3月31日まで →追加工事費にかかる消費税8%

になります。

5. 再契約する場合も時期に注意

再契約

もし何らかの理由で一旦契約を破棄して再契約した場合、再契約の時期によって課税される消費税率が変わってきますので注意してください。

6. 春先から増える駆け込み需要より前に動き出せ!

走る少女

リフォームは特に春が人気シーズンです。(「いつがいい?リフォーム工事に最適な季節とは!?」参照)

消費税増税前とあって、今年は駆け込み需要が一層増えるでしょう!リフォームをしようと思っても、そこから見積もり依頼、現地調査、プランニングに打ち合わせと、契約まで思っている以上に時間がかかります。

「初めて取り組むことには自分が考えてる3倍の時間がかかると思え」

学生時代、友人から言われた言葉です。大体契約まで1ヶ月かかると考えているのなら、その3ヶ月前には動き出しましょう!

5. まとめ

デッドライン

支払う消費税は

  • 契約の時期
  • (住宅の)引渡し時期

の2つの要因でいくらになるかが変わってきます。

消費税8%でリフォームをしたいのならば

  • 2016年9月30日(金)までに契約する
  • 2017年3月31日(金)までに住宅を引渡し(リフォームを完成)してもらう

ことですね。つまり契約のデッドラインは2016年9月30日(金)

ただし9月30日までに契約した場合でも

  • 追加工事が10月1日以降に発生して引渡しが4月1日以降であれば、追加工事費分は消費税10%
  • 一旦破棄し、再契約を10月1日以降に結んだ場合、消費税10%

になりますのでご注意ください。

もともと春はリフォームの人気シーズン。それに駆け込み需要が重なるので人手不足や資材不足が予想されます。自分が考えている3倍の時間がかかると思って行動してください。かといって焦りすぎは禁物ですけどね。

知識ゼロをイチに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

リフォームの疑問・質問を徹底分析しています

当社ではリフォームの疑問・質問を徹底分析しています。

【徹底分析項目】

リフォーム価格/リフォーム見積/リフォーム補助金 ・減税

断熱建材/省エネ建材/リフォーム会社/リフォームサービス

リフォーム事例/ニュース/戸建て ・マンションリフォーム

空き家リフォーム/その他

メールでのお問合わせ

SNSでもご購読できます。