リフォームする前に自分の家の耐震性能をチェックする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
バランスボール

みなさんこんにちは、リフォーム知識ゼロのなかともです。

せっかくリフォームするなら、丈夫で壊れにくい家にしたいもの。でも、今の家が丈夫なのか分からないことってありませんか?特に昔から親がずーっと住んでいる家だと、どこの会社が一体いつ建てたものかも分かりませんし、調べようがありませんよね。

この記事を読めば、耐震性能(どれだけ丈夫か)の調べ方が分かり、今のあなたの家の耐震性能がどのくらいなのかが分かります。実際に、国土交通省監修でその方法が発表されています。ネットでチェックする簡単な方法もあるので、ぜひチェックしてみてください。

1. そもそも耐震性能ってなぁに?

がまん

耐震性能とは、地震に対してどれだけ耐えられるか、住宅の安全性の度合いのことです。

2. 国が定める基準は耐震性能1.0以上

傾き

専門家が行う耐震診断で、家の耐震性能を評価します。その点数によって家の安全性が判定されます。国が定めている基準は、この評価点数が1.0以上です。

耐震性能

引用元:財団法人 日本建築防災協会より

3. 耐震診断の費用の目安

お財布

一般社団法人 日本建設業連合会によると以下のような金額が提示されています。

  • 木造の場合 12〜25万円/棟
  • 鉄筋コンクリート造の場合 500円/㎡〜2,000円/㎡
    鉄筋コンクリート造で延床面積が1,000㎡以下の場合 2,000円/㎡以上
    例)60坪の家の場合 60坪=198㎡=約10万〜39万5千円
  • 鉄骨造場合 1,700円/㎡~2,400円/㎡
    例)60坪の家の場合 60坪=198㎡=約33万5千円〜47万5千円

こうして見ると、耐震診断もなかなかお値段はります。

4. 耐震診断を依頼する前に…

お願い

4-1. まずはネットで簡単確認!自分で調べてみる

業者や役所に行かなくても、「だれでもできるわが家の耐震診断」から自分で簡単に耐震診断をすることができます。

誰でもできるわが家の耐震診断

引用元:財団法人 日本建築防災協会「だれでもできるわが家の耐震診断」より

10項目の質問に答えていけば、診断結果が表示されます。

質問

診断結果

いきなり費用の高い耐震診断をお願いする前に、まずは自分で確認してみて不安であれば依頼するのがいいですね。ちなみに私の家は6点なのでなかなか危ないことが判明しました!

3-2. 各都道府県、市町村の役所に助成制度が使えないか確認する

耐震診断については市町村の役所の建築行政部局に相談することができます。

耐震診断お得

引用元:福井県木造住宅耐震促進協議会より

上図は福井県の場合ですが、助成制度を利用すれば3,000円程で耐震診断を受けられます耐震診断してもらえる家に条件はありますが、費用がかなり格安になるので一度相談してみて損はないでしょう!

ちなみに期間は終了していますが、東京都多摩市の場合だと下図のものがあります。

東京都多摩市

引用元:東京都耐震ポートルサイト 多摩市より

上限額100万円で、耐震診断の半額が助成されます。

3-3. 業者に依頼する

助成制度が利用できなかったら仕方がありません。業者に依頼しましょう。

一般財団法人 日本耐震診断協会

日本耐震診断協会

引用元:一般財団法人 日本耐震診断協会より

こちらは東京(TEL:03-6272-6985)と大阪(TEL:06-6444-2001)に事務所があります。こちらの耐震診断の費用は以下の通りです。

  • 木造の場合 20万~40万円/棟
  • 鉄筋コンクリート造で延床面積が1,000㎡~3,000㎡の場合 約1,000円/㎡~約2,500 円/㎡
    鉄筋コンクリート造で延床面積が1,000㎡以下の場合 約2,000円/㎡以上
  • 鉄骨造の場合 約1,000円/㎡~3,000円/㎡

木耐協

木耐協

無料診断

引用元:木耐協より

こちらは大阪府を除いた場合ですが、無料対新診断ができます!大阪以外の方には嬉しいですね。また、どんな会社があるか調べたければ組合員一覧のところから詳しく調べられますので参考までにどうぞ!

組合員一覧検索1

調べたい県から市町村を選びます。

検索2

組合の会社が表示されます。

検索3

検索4

詳しく会社について知れるのも良いですね。

4. まとめ

ここまでのことをまとめると、

  • 耐震性能とは地震に対してどれだけ耐えられるか、家の安全性の度合いのこと
  • 耐震性能は耐震診断によって調べる事ができる

耐震診断の評価点数によって、家の耐震性能がどのレベルかが分かります。

レベル 評価点数 家の耐震性能がどのくらいか
安全地帯 1.5以上 倒壊しない
1.0以上〜1.5未満 一応倒壊しない
危険地帯 0.7以上〜1.0未満 倒壊する可能性あり
× 0.7未満 倒壊する可能性高い!

しかし、耐震診断したくても費用は安くて12万円。高いと50円万近く。かなりお値段がはるので、業者に頼む前に

  1. まずは自分でネット診断を活用して調べてみる
  2. 市町村の役所で、耐震診断を安く頼める助成制度を利用できないか確認してみる
  3. 役所で頼めなかった場合仕方がない!自分で業者に依頼する

といいです!私も調べてみるまで費用がこんなに高いとは思いませんでした。耐震に関しては、耐震リフォームを行えば減税も利用できるのでこちらの記事を参考にしてみてください。

【わりと簡単】リフォーム減税ってなに?
【徹底解説】耐震リフォーム減税手続き&申請方法まとめ!

知識ゼロをイチに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

リフォームの疑問・質問を徹底分析しています

当社ではリフォームの疑問・質問を徹底分析しています。

【徹底分析項目】

リフォーム価格/リフォーム見積/リフォーム補助金 ・減税

断熱建材/省エネ建材/リフォーム会社/リフォームサービス

リフォーム事例/ニュース/戸建て ・マンションリフォーム

空き家リフォーム/その他

メールでのお問合わせ

SNSでもご購読できます。