リフォーム会社の選定基準 その①|保証内容の比較〜大手3社編〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
比較

みなさんこんにちは、リフォーム知識ゼロのなかともです。

リフォームを頼む会社が、リフォーム後どこまで家のフォローをしてくれるのかが分からなくて、業者選びに悩んでいませんか?それは各リフォーム会社のアフターサービスや保証内容が分からないからです。

そこで、大手リフォーム会社3社の保証内容を比較し、違いを明らかにしていきます。業者選びの材料として役立てる事ができますよ。

1. ナカヤマ

ナカヤマ1

引用元:ナカヤマより

きました、大手リフォーム会社1発目ナカヤマです。火曜日はお休みで連絡がとれませんでしたが、本日(水曜日)にさっそくお電話もらえました!!!

まず保証内容の種類は3つです。

必ずつく保証 ①アフターサービス(最大20年まで保証)
②住まいるクラブ
任意 ③あんしん10年修理保証

1-1. 必ずつく保証

アフターサービス証(1〜20年まで保証)

ナカヤマ2

5年とありますが、工事内容により期間が変わります!キッチン工事の場合は5年ですが、トイレや洗面所の工事などは1年になるようです。

  • 工事した場所の点検・メンテナンス
    →1年周期でハガキが郵送されてきます。後日電話連絡もあるようです。
  • 工事した場所以外も点検可能(無料)

住まいるクラブ(有効期間:1〜5年間)

ナカヤマ3

リフォーム・増改築・新築工事をした方すべてが対象です。

  • 次回リフォーム工事のとき、基本3%の割引がきく
  • 知り合いをナカヤマに紹介し、その知り合いが工事をナカヤマに頼んだ場合、謝礼がもらえる
  • 家の健康診断、点検を無料でしてもらえる
  • 商品を割り引いてもらえる

1-2. 任意でつけられる保証

あんしん10年修理保証

ナカヤマ4

  • 24時間365日対応のコールセンターに連絡すれば、すぐにスタッフを派遣してもらえる
  • 期間中は何回でも無料で修理してもらえる
  • ナカヤマに負担してもらえる修理費の上限は、10年間変わらない
  • 「設備の使い方がわからない」「壊れているのかわからない」というようなことでも対応してもらえる

嬉しい事に出張費は取りません!とご回答いただきました。

2. リノコ

リノコ1

引用元:リノコより

つづくは2社目、リノコ!リノコには以下のような保証があります。

必ずつく保証 ①工事保証
太陽光パネルを付けた場合、必ずつく保証 ②パネル出力保証
③周辺機器保証
④自然災害保証
⑤施工保証
窓リフォームである特定の商品を使用した場合につく保証 ⑥インナーウインド<まどまど>
⑦複層ガラス
任意 ⑧機器延長保証

太陽光パネルに関してすごいいっぱい保証がつくのでなんかお得な気がしちゃいます。

2-1. 必ずつく保証

工事保証(保証期間:1年間/シロアリ予防・駆除のみ2、5年間の場合もある)

リノコ2

リノコ3

リフォーム終了後、「工事保証書」が郵送されてきます。基本、リフォーム会社側の不備による痛みであったり破損などが対象となります。修理費自分で汚したり壊してしまった場合は保証の対象外です。

保証の対象の一覧がホームページに載っているので、一度確認してみてください。

2-2. 太陽光パネルを付けた場合、必ずつく保証

リノコ4

  • パネル出力保証 25年(ホームページでは「最大25年」と表記がありますが、問い合わせたところすべて25年保証になるそうです。)
  • 周辺機器保証 10年
  • 自然災害保証 10年
  • 施工保証 10年

太陽光パネルを設置した場合上の4つの保証がつきます。

2-3. 窓リフォームである特定の商品を使用した場合につく保証

リノコ5

これは2つの内どちらかの保証がつきます。

  • インナーウインド<まどまど> 2年(リノコで取り扱っている〈まどまど〉の商品を使用した場合、この保証がつきます。)
  • 複層ガラス 10年

2-4. 任意でつけられる保証

機器延長保証

リノコ6

機器とは、システムキッチン、ユニットバスといった設備機器のことです。もともとメーカー保証が1年〜つくのですが、その保証期間をのばすことができるのが、機器延長保証です。

保証に加入するのに別途料金がかかります。問い合わせたところ、

  • 5年保証 5,000円〜8,000円
  • 10年保証 15,000円〜24,000円 かかるそうです。

ちなみに一番トイレが安くて、ユニットバスが高いと教えてもらえました。

3. リフォームストア(amazon)

amazon1

amazon2

引用元:amazon リフォームストアより

「アフターサービスも充実」とは表記があるのですが、具体的な保証内容の記載は見当たりません。リフォームストアにはいろんな会社が出品しているから、会社ごとでアフターサービスがことなるのかな?とは思いましたが、まずはamazonさんに問い合わせてみました。

  • アフターサービスは商品を出品している会社による
  • amazonからの共通のアフターサービスは行っていない

との返答をいただきました。ん、想像通り!こうなれば各会社に問い合わせるしかありません。

3-1. Sony Real Estateの場合

お伺いしたところ、設備保証はあるようですが特にメンテナンスや点検にきてもらえるというようなアフターサービスは行っていないようです。保証内容としては以下の点があるようです。

  • もしリフォーム会社側の過失で、取り付けの際に重大なミスをしてしまった場合は1年間無料で修理などを受け付けてくれる
  • もともとの製品自体に不備があった場合、メーカー保証(〜2年)がきく

3-2. Daiwa Refomeの場合

こちらでつく保証は、設備機器の2年間保証です。反り・作動不良・立付け不良が保証内容に入ります。特にこちらもメンテナンスや点検などのアフターサービスは行ってない模様。。

3-3. DAIKENの場合

なんとamazonのリフォームストアを通して商品を購入するとアフターサービスがつきません!!なので、できればDAIKENさんのホームページ等から購入を検討してほしいと言われました。

DAIKEN

引用元:DAIKENより

DAIKENさんのホームページから、赤丸の製品情報から製品を調べて問い合わせることができます。

4. まとめ

まとめ

調べて分かった事は、

  • ナカヤマは点検やメンテナンスといったアフターサービスがある(他の2社はない)
  • リノコは設備保証が多く、特に太陽光パネルに関しての保証内容が充実している
  • リフォームストアは設備保証のみで、メンテナンス・点検等は特に行っていない

ということです。

保証内容でリフォーム会社を選ぶ場合は、次のポイントに注目してください。

  1. 点検、メンテナンスといったアフターフォローがあるかどうか
  2. 設備が壊れた場合の保証があるかどうか

その2点をしっかりと確かめることが大事です。保証が多くていいなと思っても実は②設備保証しかなかった、①アフターフォローはあるけれど②設備保証はなかった、なんてことのないように注意してください。

知識ゼロをイチに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

リフォームの疑問・質問を徹底分析しています

当社ではリフォームの疑問・質問を徹底分析しています。

【徹底分析項目】

リフォーム価格/リフォーム見積/リフォーム補助金 ・減税

断熱建材/省エネ建材/リフォーム会社/リフォームサービス

リフォーム事例/ニュース/戸建て ・マンションリフォーム

空き家リフォーム/その他

メールでのお問合わせ

SNSでもご購読できます。